松尾金物株式会社

松尾金物業務用厨房機器商品案内

松尾金物会社案内

松尾金物へのアクセス

松尾金物の考える金物

松尾金物の厨房機器考

松尾金物の調理道具考

炭・かまど用道具考


食堂物語

料理考

はりま地酒友の会

紀州備長炭愛好会、びんてふ友の会

トリスバー姫路

播州、播磨赤煉瓦建造物考

松尾金物リンク集

松尾金物にメールで問い合わせる

松尾金物に図面送付用メール

 
萬 〜金物屋考〜
 
  1. 金物屋の発生と歴史
  2. 播州金物、三木の特産とその歴史
  3. 播州、播磨鋳物師と鉄。野里鍋「播磨鍋」とクド
  4. 播州トタン、ブリキ。バケツの産地。
  5. 新潟県、金物産地。燕市と三条市の産地考
  6. 台所「家庭用道具」
  7. 業務用調理厨房道具
  8. 料理刃物の種類と産地
  9. 魔法瓶の歴史
  10. ホーロー「琺瑯」鍋と容器
  11. 銀食器類と歴史
  12. 銅「赤金」打出し鍋
  13. 鉄器「打出し、プレス、鍛造、へら押し」、鉄鋳物「鋳造製品」類
  14. 錫の食器と歴史
  15. ステンレス、食器と容器類。
  16. アルミ合金の食器と容器類
  17. まな板、俎板類
  18. 陶器、磁器、食器と容器類
  19. 漆器、塗り物、木製品類
  20. 軍隊飯炊きと道具、給食の道具と歴史
  21. 明珍本舗「火箸」の歴史と今
  22. 薪ストーブ
  23. 金網。線材
  24. 酒燗器
  25. ガラスの器
  26. 竹。藁。箕。藤
  27. 石油加工製品。プラスチック等「食器。容器」
  28. 木製品
  29. 砲金。真鍮。銅合金
  30. チタン合金
  31. ゴム
  32. 綿と布。糸。紐.手袋
  33. 紙。
  34. 刷毛。
  35. テフロン。塗装
  36. メッキ類
  37. 薬品。洗剤
  38. 「アイス」と氷削機
  39. コーヒーアンの製品と歴史
  40. 錬金術とは
  41. 錫、チタンのぐい呑
  42. 銅とステンの焼き鳥炭火焜炉、カンテキ
  43. 炭と備長炭、紀州、土佐、日向産地考
  44. 温度計
  45. 和鐵と洋鉄
  46. 火薬の原料、硝石への思い
  47. 洋菓子、パンの伝来と焼窯の歴史
  48. 冷蔵ショーケースと冷蔵庫の歴史
  49. 製氷機物語
  50. アナログとデジタル考
  51. 金属製弁当箱
  52. 荒物屋と「さんか」の知恵と竹製品
  53. 鎖の歴史と今。姫路産地考
  54. マッチ。燐寸 姫路産地考
  55. 金属クラフト倶楽部
  56. サンディー、ポンチ、フルーツ系喫茶メニューの変化で絶滅ガラス食器
  57. 剣(つるぎ)と日本刀
  58. IH電化機器と電磁波の関係
  59. 老舗料理店のオリジナル別注製作鍋
  60. 創作、伝統、郷土料理と専用調理道具
  61. イヴェント用超特大の鍋類
  62. 飲食用屋台考
  63. 高岡 金物産地考
  64. 桑名 鋳物産地考
  65. 越前武生 刃物産地考
  66. 川口 昌國利器工匠博物館
  67. 川口 鋳物産地考
  68. 土佐 打ち刃物産地考
  69. 奥出雲紀行 砂鉄。蹈鞴 玉鋼考
  70. 肥後川尻 打ち刃物考
  71. 信州信濃 打ち刃物考
  72. 岐阜関  刃物。洋ナイフ産地
  73. 府中 鋳物産地考
  74. 米沢 打ち刃物
  75. 砥石考
  76. 播州播磨小野 打ち刃物と算盤産地考
  77. 備中新見 打ち刃物
  78. 南部鉄器
  79. 祭り用錺金具
  80. 鉄鉱石、非鉄金属、基礎資源争奪時代に突入
  81. 備前長船 鍛冶屋と備前刀
  82. 播州播磨 千種天児屋鉄山跡たたらの里 探訪
  83. 石見銀山遺跡 探訪
  84. 別子銅山跡 探訪
  85. 生野銀山跡 探訪
  86. 佐渡金山史跡 探訪
  87. 但馬養父明延鉱山跡 探訪
  88. 岡山柵原鉱山跡 探訪
  89. はさみ物語
  90. 御府内 東京都内金工産地
  91. 難波浪速大阪金工産地
  92. 京都金工産地
  93. 薩摩金工産地
  94. 福岡博多金工産地
  95. 甲州甲府貴金属探訪
  96. 加賀特産探訪
  97. 若狭小浜 漆塗り箸のふるさと探訪
  98. 木地師の里
  99. 鋳物師支配 京都真継家
  100. 河内国枚方左右惣官鋳物師金屋 田中家
  101. 近江の鋳物師
  102. 常陸茨城の鋳物師
  103. 京刃物
  104. ソムリエナイフ考
  105. 石油ストーブの歴史と製品 アラジンストーブ他
  106. 水銀の利用と歴史


2001/11月

Sn。Tin。ピュータ。錫の酒器で酒を飲めば美味しい。なぜか?。

基本的に分からない、但し結果的に、イオンの関係。
錫酒器に注いで少し時間を置いて飲めば、まろやかで、美味しいく成ると実践の上でわかっています。少し錫に関して分かって居る事を記します。
金属、銀色。柔らかい材質「鉛」の次に柔らかい。セ氏「231。9℃」で溶解。加工し易い。
酸化変色しにくい。ブリキ缶の表面処理に利用している。
水の解毒性「浄化作用」高級絵具のチューブに使用。
人体無害、有機酸に耐性。無機酸に弱く強く侵される。200℃以下では酸化しない。強アルカリの中で水素を発生しながら溶解する。

 
 
プロ用厨房機器専門店 松尾金物株式会社
〒670-0996 兵庫県姫路市土山3丁目7−23
TEL:079-292-0225  FAX:079-296-1520
copyright 2001-2004  Matsuo kanamono corp. all rights reserved.
松尾金物にメールをする松尾金物HPのトップに戻る